100均にも売っている結露防止シート。

100円だからこのクオリティでもいいと思う人もいれば、高くてもいいからこの結露をなんとかしたい!

そう思う人もいますよね。

そこで、結露防止シートを実際に使った口コミを調査してみました。参考にどうぞ♪

スポンサードリンク


窓に貼るタイプ(吸水シート)

結露防止シートと検索すると、色々なタイプの商品がでてきます。

その中でも、窓の下の方に貼って結露を吸水させるタイプの口コミを紹介したいと思います。

■窓際あったかボード/暖ったかパネルワイド[2枚入り]



商品名が【窓際あったかボード】ってなってるので、ボードになってるのかな?

と思ってしまいますが、幅広のテープタイプになっています。


よく見かける結露を吸水するテープタイプのシートは、高さがあまりないため、吸水シート自体がビチョビチョで使い物にならない!


なんてことも多いです。

でも、窓際あったかボードは、テープの高さが29.5cmもあるので、吸水力は抜群です。

そして、断熱パネルの効果と目隠し効果もあるのも嬉しいですね。

ただ、幅がワイドと言われていますが、90cmなので、大きい窓には高さを半分にするなどして貼るかもっと多く購入するかになりそうです。

使用の目安は6ヶ月なので、まだ夜と昼の寒暖差があって結露しやすい春まで使えますね。


この商品の口コミは

  • ワイドで貼りやすく、吸水力もいい
  • ガラス下部だけじゃなくフレームにも貼れる
  • 使用して1ヶ月、しっかり水滴をとってカビっぽさがなくなった
  • 色が薄くていい(クリーム色)
  • 貼っていない部分に水滴はつくが、たれることがなくなった
  • カーテンがカビなくなった
  • 思ったより厚手


とこんな口コミがあり、効果を感じている人が多いですよ。

ただ、1つ注意が必要はことがあります。

それは、

貼れないガラスがある!


ということです。

あまり凹凸がありすぎたり、ザラザラした面には綺麗に貼れないので、ガラスのタイプはきちんと確認してくださいね。

■結露防止シート NEWメリースノー 【セイエイ】



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

結露防止シート NEWメリースノー 【セイエイ】
価格:999円(税込、送料別) (2017/10/28時点)



この結露防止シートは、結露を吸水・発散してくれるテープです。

柄も色々あって、【メリースノー】と【ニュープロヴァンス結露テープ】は屋内と屋外では違う柄になっています。

高さは6.8cmで長さが180cmあるので、ガラスの幅に合わせて切っていくだけですぐに貼ってしまえますね。

吸水・発散してくれるというのも嬉しいです。

吸水してもそのままずーっと水分が残ってしまったら、カビも生えやすくなって、また貼り替え・・・ということも。

大量の水滴が常時つくようなガラスだと難しいですが、昼は陽が入ってくるような窓なら、また乾いてくれるのでカビの心配もすくなくなりますね。

この商品の口コミは

  • 凸凹のあるガラスでも粘着力があって貼れた
  • デザインがかわいい
  • 1ヶ月半したら下の方のテープにカビが目立った、でもリピする
  • 厚みと可愛さがいい♪
  • 装着が簡単
  • 貼る前はびしょびしょだった結露がうっすらつくぐらいになった
  • 木製の窓もカビが生えなくなった


と、こういう口コミがあります。

その中でも使用期間が2年目という人がいて、ビックリ!です。夏場も貼っていたそうですが、そのまままた結露の季節になっても吸水してるそうですよ。

■【日本製】すりガラス用結露吸水テープ【8×180cm】



この商品はすりガラス用結露吸水テープです。すりガラス用とはなっていますが、普通の板ガラスにも使えます。

凹凸のあるガラスには使用できないとなっている吸水テープもあるので、凹凸があるガラスが多い場合は、こういうテープを購入するといいですね。

このすりガラス用結露吸水テープは、高さが8cmで長さが180cmです。

高さがある程度あるので、吸水力にも期待ができますね。

吸水乾燥性のある素材でできているので、吸水と蒸発を繰り返して約6ヶ月間使用できます。

この商品の口コミは

  • 貼りやすく剥がしやすく、再度使えて便利
  • 結構結露を吸ってくれる
  • 思ったよりも薄かった
  • 幅広で厚みもあり、しっかり吸収してくれる
  • サッシのゴム部分のカビ予防ができる
  • すりガラスに貼ってもとれなくて、柄もかわいい
  • もう少し長さが欲しい/li>


と、こういう口コミがありました。

柄が4種類あるのと、金属ドアの平滑面にも貼れるということで、玄関の結露が気になる人にもおすすめですね。

たまに、貼ったのはいいけど剥がすのが大変な吸水テープがありますが、この給水テープは剥がしやすいというのもいいですね。

窓ガラス全体に貼る結露防止シート

次は、窓ガラス全体に貼るタイプの結露防止シートを紹介します。

結露吸水テープに比べると金額が高くなりますが、結露防止だけじゃなく、夏や冬のエアコン代の節約にも効果があるというのが気になるところです。

■【日本製】UVカット粘着マドピタシート4枚組[90×180cm]



この窓ピタシートは、窓ガラス全体に貼ることで

  • 断熱効果アップ
  • 目隠し効果
  • UVカット95%以上
  • 結露の発生を抑制

上記のような効果が見込めます。

口コミはどうでしょうか?

  • 冬には、大量に発生する結露の防止にも役立つ
  • 結露は少々、寒さ対策には効果大
  • 貼っていない窓に比べるといいが、温度差がひどい時は水滴が流れる
  • 結露が減り、室内が暖かくなった
  • 結露はするが、前に比べて手入れが楽
  • 結露は軽減する「
  • 結露防止と目隠し効果に期待


と、結露に関してはいい意見や悪い意見もありますが、その他の目隠し効果や紫外線防止効果などへの評価が良かったです。

最後に

結露防止シートの口コミはいかがでしたか?

やって悪いという意見より、前より良くなったという口コミが多かったですね。

今回紹介した結露吸水テープは高さが高いものが多かったですが、もし高さがあまりない吸水テープを使う場合は、1段だけ貼るんじゃなく、窓ガラスの真ん中と下部に2枚貼るようにするといいですよ。

かわいい柄も多いので、インテリアとして楽しみながら貼るのも良さそうですね。

スポンサードリンク