鼻血が出た〜!大変!


うちの子は、小さい時からよく、鼻血を出します。
その度に困るのが、洋服を汚すこと。


本人は悪気があってやっているわけじゃないので、しょうがない事なんですが、洗濯する方はたまらないです。


血液って、汚れが落ちにくいですからね。


漂白剤を使ってもキレイに取れない時もあります。


そこで、鼻血やケガをして血液が洋服についた時の落とし方を紹介します。

スポンサードリンク


外出先で血液がついた時は?


ふとした拍子にけがしたり、鼻血を出してしまった時が外出先で洋服が汚れてしまったら


どうしようって困ってしまいますね。


うちの子は、小さい時からよく鼻血を出していました。


ある程度大きくなってきたら、鼻血が出るのがわかるようで、


「あっ!」と言って鼻を押さえます。


でも、間に合わなくて、

ポトッ

と洋服に血をつけてしまいます。


すぐに帰るならいいんですが、そうじゃない場合は、トイレに行って、汚れた場所を水ですぐに拭きましょう。


ちょっとの水じゃ、汚れを伸ばしてしまうだけになるので、ジュクジュクになるくらいたっぷり水をつけてください。


その水分をハンカチやティッシュに吸わせていきます。


その時に注意したいことはこすることです。


トントンとたたいて水分を吸わせてくださいね。


そうすると

水で薄くなった血液が、吸い取られると同時に洋服の血液汚れが、キレイになっていきます。


もしも近くにトイレがなかったら
その時は、自動販売機で水を買ってその水を使います。


とにかく、汚れが定着しないよう
早めに水できれいにするのが1番です。


外出先での失敗談

うちの子が、買い物に出かけた時に鼻血を出して洋服についてしまいました。


トイレで水を使ってきれいにしようとした時


トイレットペーパーだったら水をよく吸うだろうなぁ


と思って、トイレットペーパーを使ったらボロボロになって、洋服について大変でした。


考えてみれば、トイレットペーパーは柔らかくて、水に溶けやすくなってますからね。


そんな失敗をしたあとは、ハンカチを2枚持ち歩いて使ってます。


私みたいな失敗はしないでくださいね。

スポンサードリンク


自宅ではセスキ炭酸ソーダを使おう!


自宅で汚れたらすぐに洗濯!ですね。


その時に気を付けたいのが、お湯を使うこと。
血液はタンパク質の汚れなので、お湯を使うと固まってしまいます。


自宅だと、すぐにお湯が使える環境なので

汚れ=お湯で落とす

なんて、思ってお湯を使ったらダメです!


とにかく、血液汚れには水を使います。


その時に一緒に使ってほしいのがセスキ炭酸ソーダです。


セスキを知るまでは、水につけて、ごしごし洗って漂白剤につけて、それから洗濯という流れでやっていたんですが
手間がかかるわりに、キレイにならないこともありました。


それが、セスキ炭酸ソーダを使うとあら不思議。
キレイになるんです。


血液の落とし方は、汚れた部分を水で濡らして直接セスキ炭酸ソーダの粉をかけて、溶かすような感じで
歯ブラシを使ってゴシゴシ、トントン。


デリケートな生地だったら、トントン。
ある程度しっかりしていたり、普段着ならゴシゴシ。


こんな感じでセスキを溶かして、血液汚れが分解するのを待ちます。


5分ぐらいしたら、軽くすすいで普段と同じように洗濯機で洗います。


汚れてすぐのものは、簡単に落とせますよ。


血液の汚れで、困ったものは他もあります。


うちには女の子がいるんですが、生理の時の下着など、汚れてしまう時もあります。


血液汚れ専用の洗剤もありますが、結構高いんですよね。


そんな時もセスキ炭酸ソーダです。


蓋つきの小さいバケツに1リットルほどの水を入れ、セスキ炭酸ソーダを小さじ2ほど溶かします。


そこに血液で汚れた下着を一晩つけておきます。


翌朝、水ですすぐと血液はキレイになっているのであとは洗濯機で洗います。


一晩つけておくだけで本当にキレイになるので
血液汚れに困っている方は1度試してみてくださいね。


最後に


血液汚れって、本当に困った汚れですよね。


落とし方を知らなくてお湯を使った時は、茶色く汚れが残って捨ててしまった洋服もあります。


それに、

漂白剤をかけただけでは汚れが消えたように見えても、洗濯して乾かしてみたら、輪ジミが残っていたりします。


とにかく、血液で洋服を汚してしまったら

・水ですぐに汚れを取る
・お湯は絶対に使わない
・セスキ炭酸ソーダを使う

これで、対処してくださいね。


ちなみに、セスキ炭酸ソーダは100均で売られているものでも十分に使えますよ。

スポンサードリンク