腸内フローラルを改善すると体に良いですが、ただ体にいいだけだと思いますか?


実は最近、腸内細菌に若返り菌といわれているものがあります。


それが美魔女菌と呼ばれることも・・・。


そこで今回は若返り菌や美魔女菌と言われるエクオールを増やすにはどうしたらいいかについて紹介します。

スポンサードリンク


エクオールとは?

腸内細菌の中にある『エクオール産生菌』が、大豆イソフラボンと結びつくことでできるのがエクオールです。

美魔女菌と言われているのは、このエクオールを作ることができる『エクオール産生菌』のことなんです。


大豆イソブラボンは昔から、女性に良いと言われている成分ですよね。


それは女性ホルモンと似た作用があるからなんですが、だからといって大豆製品を一生懸命に食べてもダメだというのがわかったんです。


女性の健康や美容にいい成分はエクオールです。でも、これが食べるだけで簡単にできるものじゃないんです。


エクオールの効果は?

 
  • 美肌効果
  •  
  • シワ予防
  •  
  • 目尻のシワ改善
  •  
  • 更年期症状の軽減
  •  
  • メタボ対策
  •  
  • 便秘改善
  •  
  • がん予防(乳がん・前立腺がん)
  •  
  • 薄毛や脱毛の抑制
  •  
  • 要介護・死亡リスクを下げる
  •  
  • 骨を強くする

  • こんなに沢山の効果があります。

    それだったら、エクオールを沢山増やしたいですよね。

    でも、先程も言ったように、せっせと大豆イソブラボンを摂取してもできない場合があるんです。

    日本人では2人に1人

    エクオールは、日本人では2人に1人しか体の中で作ることができません。それに、エクオールを作るための『エクオール産生菌』自体が腸の中にない人もいます。

    自分はどっちなの?って心配になりますよね。


    私は結構、便秘もするし、産後に髪の毛が抜けやすくなったし、最近は更年期っぽいような気がするし・・・って考えると、『エクオール産生菌』がない方かもしれないです。


    それを調べるキットもあるんですが、そこまでしなくても。


    だって作られないってわかったら、落ち込んでしまいそうですからね。


    そこで、まずは自分でエクオールを作るために何が必要かをお伝えします。


    それは、ポテトサラダを食べることです。


    ポテトサラダの材料であるじゃがいものデンプンには、オリゴ糖が含まれています。


    このオリゴ糖は胃や小腸で分解されないで、大腸まで届いて、ビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌が増えます。


    ビフィズス菌が増えることで善玉菌を増やして、腸内環境が良くなるんです。


    腸内環境が良くなるということは、エクオール産生菌も増えやすいということなんです。


    そしてこれにプラスしたいのが、緑茶です。


    ポテトサラダ+緑茶でエクオールが作られやすくなります。


    最後に

    こんな風に試してみても何も効果がない


    ってこともありますね。


    でも、そこで心配しなくて大丈夫です。


    エクオールを作るための

    ポテトサラダ+緑茶

    はエクオールが作られなくても、腸内環境は改善されます。


    そうすると、疲れがとれやすくなったり、便秘が改善したり、肌荒れが良くなったりといい効果もまだまだ出てくるので大丈夫ですよ。


    それでも心配だったら、サプリメントで摂る方法もありますから、自分に合った方法で若返り菌・美魔女菌を増やしていきましょう。

    体の不調や便秘改善にはこちらの記事も参考にどうぞ
    腸活ストレッチのやり方を動画で確認!便秘改善や美肌効果あり?

    スポンサードリンク