花粉が飛び出す季節。

毎日お天気ニュースで花粉情報を聞くたびに、花粉症だと憂鬱な気分になりますね。

そしてこの時期に気になるのが、花粉対策グッズです。

毎年色々な物がでていますが、どれも大人向きだったりします。

そこで、子供用の花粉症対策グッズを紹介します。これを使って、子供の花粉症対策をしましょう♪

スポンサードリンク


花粉対策メガネ


花粉の季節の目のかゆみは辛いですよね。

特に子供だと目がかゆいとどうしても擦ってしまいます。

でも目をこすると、角膜に傷が入ったりして怖いですよね。

それにアレルギー性結膜炎になると、かゆみがひどくなり、症状がひどくなると治るまで時間がかかります。

そこで、幼児や小学生など、特にメガネをかけることに抵抗がなければ花粉症用のメガネをかけると良いですよ。

まだまだ、子供用の花粉対策メガネは少ないですが、ちゃんと子供にあったメガネにしてください。

そうしないと、顔との間にすきまができて、そこから花粉が入り込んでしまいます。

最近は有名メガネ店でも増えてきているようです。

名古屋眼鏡株式会社のスカッシースマートキッズ2

素材が柔らかく掛け心地も良いです。曇り止めのコーティングもされているのでマスクをして、眼鏡をかけても曇りません。

J!NSの花粉CUT

深く目が覆われることが特徴です。他社と比べても隙間が少ないです。

ZoffのZoff AIR VISOR

少しお値段は高めですが、ミッキーの破風フレームなどがあり、オシャレです。

小学生になるとスポーツをすることが増えますよね。

素材が硬いものだと、怪我の危険もありますので、素材が柔らかいものの方が安全です。そういう面から人気なのは「スカッシー」シリーズですね。

インターネットからでもメガネは購入出来ますが、動き回る子供には顔の形にあったものが良いです。

出来ればJ!NSやZoff、眼鏡市場など、実店舗で購入し、メガネを調整してもらうのが良いでしょう。

掛け心地が悪くて子供が眼鏡をかけるのを嫌がるのが1番困りますからね。

スポンサードリンク


マスクやスプレーやジェル

マスク

子供用マスクも主流になりましたね。

100円ショップに行くとディズニーやハローキティなど可愛いキャラクターのマスクも増えています。

花粉症の場合、コストはかかりますが、使い捨てタイプのマスクが良いです。

見た目には何も変わっていなくても、外側には花粉がびっしりついています。そう考えると洗うタイプのマスクより使い捨てマスクにしましょう。

子供と一緒に好きなキャラクターのものを買えば、子供もつけてくれますよ。

アロマスプレー

アロマでスプレーを作り、マスクに吹きかけると香りや付け心地が良くなります。

無水エタノールと精製水、エッセンシャルオイル2〜3滴(ラベンダーやティートリーはお子様にオススメです)を混ぜて、マスクにシュッシュと振りかけてみて下さい。

花粉防止スプレー

花粉防止スプレーには、衣類用と顔用があります。

そこで花粉がひどい季節には、こういうスプレーも上手く使うといいです。

種類も色々あり、付いた花粉を固めてくれるものや、花粉がつきにくくするものもあります。

子供の場合は、登下校で外を歩いたり、友達と外で遊ぶ機会も多いので花粉が付きにくいものがいいですね。

顔用のスプレーは、シュッシュと顔に吹き付けておくと、スプレーがかかった部分に花粉がついて、鼻や口から花粉が入るのを防いでくれます。

子供が嫌がらなかったら、顔用スプレー+マスクをすると最強です。

ジェル

顔用のスプレーと同じように、鼻に塗るタイプのジェルもあります。

中には刺激のあるものもありますので、子供でも大丈夫な刺激の弱いものを使いましょう。

洋服につけない、家に持ち込まない工夫は?

衣類に花粉をつけないのが良いですが、どうすればいいのでしょうか。

ウールや綿の素材は花粉がつきやすいです。ナイロンなどツルツルした素材は花粉がつきにくいですね。ウインドブレーカーを一枚羽織ると良いでしょう。

もちろん、花粉防止スプレーを衣類にすることも大切です。

そして家に入る前には衣類を手で払って、花粉を落としてあげましょう。

さらにもっと念入りにしたい場合は、衣類用の粘着テープのローラー、いわゆる「コロコロ」を使います。このコロコロで衣類を綺麗にしましょう。

花粉の季節だけは、コロコロを玄関に置いて、外から帰ってくるたびに使うのがいいですよ。

最後に

子供が花粉症で苦しんでいるのは、本当にかわいそうです。

子供の同級生も花粉症がひどくて花粉症対策メガネをしていましたが、その当時は子供用があまりなかったようで、かなり大きめのメガネでした。

今は昔より、可愛いメガネや色んなサイズの花粉症対策メガネがあるので、できる限り対策してあげたいですね。

スポンサードリンク