梅雨の時期や、冬になり窓の結露が気になる季節。

この時気をつけなければならないのが、「窓のカビ」ですよね。

窓掃除って結構面倒だったり、冬は朝起きて寒いと、結露が気になるけど、そのままにしていたり・・・。

でもほっておくと、黒くなっていたり、臭いが気になりますよね。それにそのカビがカーテンなどに移っても嫌ですよね。

そこで、窓のカビを掃除する方法や対策を紹介します♪

スポンサードリンク


窓のカビをとる方法

窓のカビは水拭きでも十分取れます。

でももっと綺麗にしたいなら、スプレー式の中性洗剤を吹き付け、少し置いてから水拭きすれば、ほとんどがきれいに取れます。

また、その後、しっかり乾燥させてから、消毒用エタノールを吹き付けると、カビの発生が抑えられるんです。


どうしても取れない頑固なカビは、カビ用スプレー(塩素系漂白剤)を使って下さい。

この時、液体が床や畳につかないように古いタオルなどを敷いて下さいね。

カビにスプレーしたあとはその部分をラップで覆います。

しばらくおいて、水拭きでしっかり拭き取って下さい。

塩素系漂白剤は臭いもキツイので換気を忘れずに、マスクも着用して行って下さいね。

窓の結露・カビ対策

なんで結露ができるのでしょうか?

その原因は

  • 室内に湿気が多いこと

  • 室内と外で温度差があること

  • です。

    カビができる原因は

  • 温度

  • 湿度

  • 栄養源(木材、天然繊維、皮革類、接着剤、埃、皮脂など)

  • これらの条件を満たすと窓枠やサッシにカビが出来やすいのです。

    スポンサードリンク

    結露をそのままにしない

    結露取りワイパーなどを使い、窓についた水滴を取りましょう。100均にも似たようなものがあります。窓や鏡などの水滴を取るワイパーです。

    結露吸水シートを貼る

    100均やホームセンターなどにもたくさんあります。無地のものからおしゃれな柄の入ったものまで。このシートは水をしっかり吸水し、水滴ん吸水した水分は自然に蒸発する仕組みです。

    窓の結露防止シートの効果!100均で購入した物でも大丈夫!?

    ただ1つ注意があります。これも大量の結露には対応できないのと、長く使っているとカビが繁殖しやすくなるということです。使っていくうちに汚くなってきたら、交換してくださいね。

    結露防止スプレーをふりかける

    窓にスプレーするだけで、ガラスの表面に膜を作り、結露を防止してくれます。シートやフィルムのように貼り付ける手間もいらず、簡単に出来ますよね。

    カビが原因で起きる怖いこと

    カビは一部では食べ物を発酵させるために使われたりしますが、大概のカビは害があると考えて下さい。

    カビはとても小さく、目で見ることはできません。

    ですから、知らない間に吸いこんでしまっています。健康な人であれば、抵抗力もあり、問題はありませんが、小さなお子様や高齢者など、抵抗力が落ちている人はカビが原因で病気になることもあります。

    白癬(水虫)

    白癬というカビが原因で起こります。一般的に足に出来やすいですが、爪や手、股、顔などにも起こる場合があります。

    気管支喘息

    喘息の原因は様々ですが、アルテルナリアという黒色真菌が原因となることがあります。これらの菌を吸い込むことで喘息を引き起こします。ゼーゼー、ヒューヒューという音が聞こえる喘鳴が特徴です。

    アレルギー性鼻炎

    これもアルテルナリアが原因とされています。くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが特徴的です。

    最後に

    窓や水回りはアルテルナリアが原因でカビが発生しやすいです。

    特に寝室や子供部屋でこのカビをそのままにしておくと、寝ている間にカビを吸いこんでしまって、アレルギー反応を起こしたり、原因不明の咳に悩まされたりします。

    そうなると怖いですよね。

    そんな状況を防ぐためには、こまめに結露を拭き取ることや結露防止シートなどを貼って対策をしておいて下さいね。

    スポンサードリンク