「もういくつねーるーとーお正月」と。子どもには嬉しいお年玉。
でも、大人にとっては年明け早々、出費!!出費!!

そして、新米ママにとって親戚付き合いが慣れてなくて、お年玉ってどれぐらい渡すもの??
なんてなりますよね。

私も嫁いで最初のお正月は悩みました。

旦那さんの親戚の子どもにどれぐらい包むのか全く見当もつかなかったからです。各家庭、親戚の付き合いで大体、決まってくるようですが、やはり最初はわからないものですよね。
では、一般的な相場はどのくらいでしょうか?

スポンサードリンク


お年玉の相場(幼児・小学生・中学生・高校生)

幼児・赤ちゃん

赤ちゃんには渡すの?

赤ちゃんなら「渡さなくても?」と思っている方もいるかもしれませんが、渡さないといけない場合もあります。

それは
  • 自分の子供が赤ちゃんの時にもらった場合
  • 「祝い金」をもらった場合


  • 自分の子供が赤ちゃんの時にもらった場合は、同じ金額でいいので包みましょう。

    お祝いをもらった場合、その時に内祝いとして返している時もありますよね。

    お正月に会うことがなければ、わざわざする必要はないと思います。

    でも、出産祝いや入学祝いなどの祝金を頂く相手には付き合いの深い人が多いので、お正月に会うことがあれば、お年玉を渡す方がいいですよ。

    幼児のお年玉の相場は1000〜2000円ほどです。

    今は500円用のポチ袋もありますので、お金がわかるようになってきた幼稚園児に500円ポチ袋に入れるのも可愛いかもしれませんね。

    小学生

    小学生の場合、
    低学年では2000~3000円
    高学年では3000円~5000円
    となってます。

    小学生は低学年、高学年で分けるところが多いようです。

    中学生

    中学生は
    3000~5000円が相場です。

    高校生

    高校生は
    5000~10000円が相場です。

    親戚同士の付き合いの深さから、年齢が上がるにつれて若干ズレはあります。

    また、兄弟がいる家庭では少し差をつけ、1000円ずつ差を変えたりしているところもあるようですが、それをすると小学生で6000円を超えてしまう場合もあるので、年齢で区切るほうがわかりやすいかもしれません。

    親戚が毎年新年に集まる場合は、みんなで金額をそろえるために、事前に相談したり、最初から、「小学生は○○円」と決めている所もあります。

    私も、旦那さんの親戚は把握しきれておらず、毎年お義母さんに親戚の年齢を聞いてお年玉を用意しています。

    スポンサードリンク

    お年玉は何歳まであげる方がいいの?


    これも一つの気になることですね。

    一般的に「こども」と言われるのは成人式を迎える20歳までですが、実際、今は20歳でも大学生であり、いわゆる学生です。

    これも、各家庭や親せきで決めているといいかもしれませんね。

    ちなみに、お年玉は「いくつまで」という決まりはありません。

    大人になっている方でももらうことはありますし、特におじいちゃん・おばあちゃんは孫が可愛いのか、結婚していて子供がいてもお年玉をくれようとしたりします。

    親戚が集まる時は、みんなでそろえるのが1番間違いがないので、聞ける人に相談しましょう。

    私の家庭では両親たち(親戚も含めて)が話し合いで決め、「学生」の時期まででした。

    最後に

    お年玉をあげる時に気をつけたいことは、金額を同じにするということです。

    例えば、相手から3000円もらったのに、こちらは1000円というのは、あとで気まずい思いをすることもあります。

    親戚なら親戚同士長く付き合っていくためにも、お年玉については、一般的な相場を考えつつ、お互い話し合って決めるのがいいですね。

    あと、思ってもみなかったお年玉をもらう場合もあるので、いつでもお年玉を渡せるようにお金とポチ袋は用意しておきましょう。

    相手にも子供がいる場合は、子供からお年玉を預かり、見えないところで中を確認して、同等に返すといいですよ。

    スポンサードリンク