子供が小さい時の年末大掃除はどうしていますか?

何となく、12月になるとテレビでも年末大掃除の特集!なんて扱い出して、雑誌でも簡単に年末大掃除!という記事も見かけます。

できる人はできるんでしょうが、なかなか難しいですね。

そこで、小さい子供がいても、キレイな部屋で年を越せる年末大掃除についてシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

年末大掃除・子供が小さい時はどうする?

我が家にも3歳と0歳の子供がいます。

実は、上の子が生まれてからの3年間は年末の大掃除という掃除はしていません。

ですが、大掃除もせずに年を越しているのかと言われればそういうわけでもないです。

子供が小さいうちは、「年末に大掃除をやるぞ!」と気合いを入れたところで予定通りいかず、むしろやりたいことの半分も終わらないぐらいで、イライラしてしまうことも。ですから、秋頃から徐々に掃除を丁寧に行っていきます。

うちには赤ちゃんがいるので、コンセント周りや低い場所は普段から掃除機をかけるようにしています。

トイレ掃除も、「汚いな!」と思ったらすぐに掃除をする。

コンロ周りも週に1度旦那さんが休みの時に綺麗にする。

そうすると案外、あれもしなきゃ、これもしなきゃと思うことは少ないです。

エアコンのフィルターも冬になるとエアコンを入れてしまうので、秋のあまり使わない時に掃除してしまいます。

換気扇もホコリが気になり始めたら綺麗にする。

普段目に付いた時に、少しずつ綺麗にしていると、大掃除の時は簡単に綺麗に出来ます。

小さな子がいる家庭では、掃除をしている間に目を離し、口に物を入れてしまったり、怪我なんてこともあるかもしれません。

親も大掃除に集中したくなり、子供の相手も出来なくなりますし、そういう時に限って悪さをして気を引こうとしたりしますね。だから段取りよく掃除できなくてイライラするんです。

また、年末といえば風邪を引きやすい時期なので、子供が常に元気な保証はないんです。

風邪や熱が出てしまっては子供の看病が優先されます。すると、大掃除出来なかった。なんでことにもなりかねません。

そこで、子供が小さいうちは短期間で掃除をするのではなく、長期間で計画的に掃除をするのがいいですよ。

子供が手伝える大掃除は?

syougakkou_souji
我が家も上の子は3歳になり、掃除を手伝える年齢となりました。

ただ、やはり子供なので集中出来ず、長時間は持ちません。

小さな子供には特に簡単にサッと出来るものがいいですね。

子供といえば、水遊びが好きですよね。我が家もよく、台所で遊んでます。

ですから、我が家ではお掃除のお手伝いとなれば、水を使う床拭きです。

霧吹きに水を入れてシュッシュとするのが楽しいようで、後は雑巾を持たせて拭いてもらってます。

この要領で大掃除はドアや窓も拭いてもらおうかと思います。

スポンサードリンク

子供が出来る大掃除

  • 床拭き
  • 窓、ドア拭き
  • 風呂掃除
  • 洗面掃除
子供と掃除をするのに注意しなければならないのは洗剤です。

市販で売られているものは汚れが落ちやすいので使いたくなりますが、子供の口に入ったりすると心配なのです。重曹やクエン酸など安全なので洗剤を作るのがいいでしょう。

 

重曹スプレー:40度のお湯200ccに重曹を小さじ1入れて溶かす

クエン酸スプレー:水200ccにクエン酸を小さじ1/2入れる

 

これだけなので、とても簡単に作れますよ。

子供がいてもできる大掃除のコツ

繰り返しになりますが、一気にやろうとせず、コツコツしましょう。

そして、大掃除のスケジュールを立てましょう。

集中して大掃除をしたいときは、お子様がお昼寝をしている間に行ったり、旦那さんにお子様を連れ出してもらいその間に済ませてしまうのも良いでよ。

簡単に出来る床拭きやホコリ取りなんかはお子様に教えてあげながらやると、普段の掃除も手伝ってくれるようになります。

普段、目につかないサッシやホコリが溜まりやすい隙間、換気扇などは月に1度掃除を心がけていると、年末の大掃除はサッと洗えます。

物を減らそう!

大掃除を機に出来る限り物は減らしましょう。

物が多いとそれだけで片付けや掃除に時間がかかってしまいます。物を減らしスッキリ年を越しましょう。

気になった時が掃除時

我が家の大掃除は年末ではなく、気になった時に行います。

お友達が来客することがキッカケとなり、普段目につきにくいサッシや換気扇まで掃除をしてしまいます。

子供も一緒に

3歳の子は大掃除がどんなものか理解はしてくれるので、霧吹きと雑巾を持ってお手伝いをしてくれます。

親がやっていると掃除でも楽しそうに見えるのか、ニコニコしてやっています。

そんな時はおもいっきりほめて「お手伝いしてくれて助かるよ~」と言ってあげると、いつでも手伝ってくれるようになります。

最後に

子供が小さい時の大掃除って本当に大変です。

3歳児はお手伝いをすることで、大掃除の邪魔をしませんが、0歳児はそうはいきません。

むしろ、抱っこをしたり遊びの相手がメインでやはり、夫婦どちらかは赤ちゃんに手がとられてしまうのが現実です。

ついつい、「大掃除の時にしたらいいか!」と思いたくなりますが、小さなお子様がいると思っている以上に出来ないのも事実です。

大掃除の1番のコツは思い立ったらすぐやる!がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク