子供が夜中に咳をすると、親としては心配になりますね。

しかもその咳が止まらなくて、苦しそうにしていると、代わってあげられるなら代わってあげたい!と思うのが親心ですね。

そんな子供の咳が止まらない時の対処法を紹介します♪

スポンサードリンク




夜咳が止まらない時の対処法(赤ちゃん)

夜間突然、赤ちゃんが咳き込むことありませんか?

最初は「軽い咳だな」なんて思っていると数日後には一晩中咳き込む、なんてこともあります。

たかが、咳ですが、されど、咳です。


では、夜間に咳がなぜ起こるのでしょうか。

布団に入った後の夜間に咳が酷くなるのは副交感神経が活発に活動するからです。


日中は交感神経が優位となるため、喉や気管支、鼻腔の粘膜が緊張していて、咳や鼻水が出にくくなっています。

でも、夜になると副交感神経が優位に働くので緊張が緩み咳や鼻水が出やすくなります。

気管支の緊張が緩むと痰が出しにくくなり、咳き込むというわけです。

また、夜間は日中よりも赤ちゃんは無理して鼻呼吸をしようとするので呼吸器に負担がかかり、咳き込むようになります。

ですから、風邪が原因出なくても副交感神経優位となるために咳が出やすくなることがあるのです。

しかし、いつまでも続く咳はほっておいてはいけません。

咳が重症化すると病気になる場合もあるのです。

そんな心配がある病気は

肺炎

肺に炎症が起こります。
症状は発熱、咳、呼吸困難などです。

気管支炎

気管支が炎症を起こった状態です。
発熱

乾いた咳

痰を伴う湿った咳
へと症状が変化します。

小児気管支喘息

ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴が聞こえる時は小児気管支喘息を疑います。

百日咳

百日咳菌に感染して起きる呼吸器官の感染症です。
初期症状は咳、鼻水、くしゃみで風邪と似ているため気づきにくいです。

副鼻腔炎

最初は普通の鼻水だったものにウイルスが感染し、副鼻腔で炎症を起こします。

鼻水が多く粘りが出て、鼻がつまり、咳は痰が絡んだ湿った咳をします。

クループ症候群

喉の炎症を起こします。

ケンケンといった咳をすることが特徴で、乳幼児に起こりやすいです。

スポンサードリンク

咳を起こした時の対処法

鼻づまりを取ってあげましょう

赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、鼻吸い器を使い取ってあげるといいでしょう。

昔は、そのまま赤ちゃんの鼻に吸い付いて鼻水をすってましたよ。その方が痛くないみたいです。直接吸った時は、すぐに口をゆすいでください。

そうじゃないともし病気が原因だった時にお母さんもうつってしまいます。

お茶やお湯を飲ませてあげましょう

痰が切れやすくなり喉の痛みなどが緩和されます。

加湿をしてあげましょう

空気が乾燥していると咳が出やすくなるために、濡らしたタオルをかけるなどして、加湿すると良いでしょう。
痰が絡んでいる時は少し、上体を起こしてあげましょう。


一時的に起こる咳や季節の変わり目などの気温の変化がある場合はこのように対応し、様子を見てみましょう。

夜咳が止まらない時の対処法(幼児~小学生)

幼児や小学生の夜間の咳も赤ちゃんと同様の理由で起こります。

子供は大人に比べ気道抵抗が弱く気温の変化などには過敏なため咳が出やすくなります。

また、子供は大人以上に痰を作りやすいですが、痰を上手く出せないために、咳をして出そうとします。

対処法も基本的には赤ちゃんと同様ですが、アレルギーなども出やすくなる年齢でもあるので、布団を清潔に保つことも心がけて下さい。

病院へ連れて行く目安は?

咳は風邪の症状の一つでもあるので、発熱や鼻水などの他の症状も出ている場合。
また、日中、夜間を問わずずっと咳をしてたり、2〜3週間以上咳が続いている場合。
一般的に咳は「コンコン」としますが、「ケンケン」といった咳をする場合。

夜間などに激しい咳をし、嘔吐を繰り返す場合などは他の病気の可能性もあるので、受診をするのが良いでしょう。

お母さんだと子供の小さな変化も気づいやすいので、ちょっとおかしいかな~と思った時は病院へ連れて行く方がいいです。

また、連休前なども心配な時は受診しておきましょう。休みに急に体調が悪くなってしまったら大変ですからね。

最後に

私の子供たちも季節の変わり目にはよく咳をし、その後、風邪やアレルギーを引き起こすこともあります。

寒くなってくると空気が乾燥し、菌も飛びやすくなるので、まずは簡単な加湿をすることからオススメします。

スポンサードリンク