子供って突然、具合が悪くなることがありますね。

熱が出たり、吐いたり、お腹が痛くなったり、耳が痛くなることもあります。

うちの子も、寝ていたと思ったら起きてきて「耳が痛い」と泣いたことも。

耳が痛い病気の代表的なものが、中耳炎です。

夜中だったり、病院が休みの時に、初めてこんな事が起きたらドキドキしますね。

そこで、子供が夜中に中耳炎になった時、病院が休みだったらどんな事をすればいいかを紹介します。

スポンサードリンク



病院へ行かなくてもできる対処法は?

突然、お子様が「耳が痛い」と訴えたり、泣き出したりしたことはないでしょうか。

もし、日中であれば病院へ連れて行けますが、夜間や休日だと困りますよね。

その場合、どのように対応すればいいのでしょうか。

まず、耳が痛くなった原因はなんでしょうか?
一般的に「耳が痛い」という訴えで考えられるのは中耳炎です。

ではなぜ中耳炎が起こるのでしょうか?
風邪をきっかけに鼓膜の奥に菌が入りうみがたまり、中耳炎となります。
なぜ、風邪なのに、中耳炎?と思われる方もいるとおもいます。


それは、耳と鼻は奥で繋がっているからなのです。
余談ですが、耳抜きで口と鼻を閉じるのは全て繋がっているからです。


少し話が逸れましたが、耳の一番奥に鼓膜があり、その奥に部屋があります。

その部屋を中耳と言います。この部屋が鼻と管で繋がっているのです。

ですから、ここにうみが溜まると中耳炎となるわけです。

よって、風邪をひくことで口や鼻から菌が入り中耳炎になってしまうのです。プールやお風呂の水が入った為に中耳炎になるのではありません。

では、中耳炎かな?と思った場合の対処法はどうしたらいいんでしょうか?

中耳炎の時の対処法

痛みを訴えることができる年齢であればわかりやすいですが、乳児や幼児は言葉がうまく出ませんので

・機嫌が悪い
・泣き止まない

などから判断します。


また、夜中に中耳炎が起こることが多いので、救急病院などを考えられる方も多いと思います。
しかし、こちらではお家でできる対処法を紹介します。あくまでも対処法なので、翌朝にはかかりつけの病院を受診してください。


まず、痛みに対しては鎮痛解熱剤を使用します。
耳だれがある場合はガーゼでやさしくふき取りましょう。


急性中耳炎の強い痛みは、冷やしてあげると痛みが緩和します。タオルで包んだ保冷剤を耳に当ててあげるといいでしょう。

夜間病院へかかる目安は?

中耳炎は急ぐ病気ではありませんので、基本的には上記の応急処置をし、かかりつけの病院、耳鼻科で見てもらうことがいいでしょう。

しかし、乳児・幼児だと、自分で言えないので

・判断がつきにくい
・泣き止まない
・鎮痛剤がない
・熱が下がらない

など不安になることもありますね。

そういう場合は、救急病院に電話をし、症状を伝えましょう。

そしてそこで、診察へ行くか判断する方がいいです。


あくまで、救急病院は救急のための病院ですので、中耳炎の処置をしてもらえるわけではありませんし、常に専門の先生がいるわけでもありません。

ですが、父親母親としての不安もありますから、鎮痛剤がなく、朝まで待てないときは夜間病院を受診すると安心ですね。

最後に


小さな子どもには、いつ何が起きるかわからないものです。

ちょっと風邪気味だと思ったいたら、急に中耳炎。

お守りだと思って、鎮痛剤や解熱剤を家に置いておくと、病院へいけない時に使えるので、常備していたいですね。

スポンサードリンク