七五三で気になることって沢山ありますね。

その中でも、お参りの時の服装ってどうしたらいいんだろうって思いませんか?

周りを見ても、着物だったり洋服だったり、子供も大人も色々です。

そこで今回は、七五三のお参りの時の服装はどうしたらいいかについて紹介します!

スポンサードリンク


七五三のお参りの服装は?(子ども編)


七五三の服装と言えば、私も自分の七五三の写真を見て、迷わす和装にしていましたが、最近ではドレスを着て写真を撮ってる女の子やスーツ姿で参拝する男の子がいたりと、洋服も増えてきているのですね。

でも、まだまだ和装が多いようなので、まずは和装からお話します。

3歳は「神置」と言われ男女とも髪を伸ばし始めるという意味があるそうです。

服装は着物の上に「被布(ひふ)」という袖のない上着を着るのが一般的です。
赤やピンクといった可愛らしい着物が人気なようです。

5歳は「袴着」と言われ男の子の衣服である袴を着ます。伝統的な柄や最近ではモダンな柄も増えているようです。

7歳は「帯解(おびとき)」と言われ、女の子の着物帯の装始めを意味しきちんと帯を締めます。3歳の時とは違って少し落ち着いた色合いのものも良いかもしれませんね。

次に洋服ですが、女の子はワンピースやドレスが良いでしょう。

神社での参拝が基本となるのでシックなものを選ぶのがいいと思われます。
また、寒くなってきますので、ボレロやカーディガンなどを羽織るといいでしょう。

男の子はスーツとなります。ネクタイを結んだり、蝶ネクタイにしたり、
長ズボンや半ズボンでも雰囲気が変わると思います。

スポンサードリンク


お参り時の親の服装は?


お子様の服装が決まれば、次は親の服装です。

母親の場合はスーツやワンピースが一般的です。

派手めのものは避け、淡い華やかなものが良いでしょう。また、ジャケットは必須アイテムです。ノースリーブや胸元のあいた服はNGとされているので気をつけましょう。

また、お子様に合わせて和装にされる方もいるともいます。

一般的には色無地・訪問着・付け下げが七五三などのフォーマルな席には良いです。


父親の場合は一般的なダーク系のスーツでよいでしょう。

ただ、気をつけなければならないのがネクタイです。白や黒、グレーはNGとされています。少し華やかなものを選びましょう。無地やドット、ペイズリー柄などは派手になりすぎずオススメです。

また、お子様がスーツであれば、似たようなネクタイにするのもいいかもしれませんね。

和装場合はクロ、グレー系の紋付きを着ます。紋付きでなくても、着物と羽織でも構いません。

最後に・・・


私の場合は前撮りとご祈祷の時と違うパターンで服装を考えました。

前撮りでは子供の着物をレンタルし、全員和装にしました。

そして、ご祈祷では、子供は私の母から着ている着物を着せることにしました。そして、私たち親は動きやすいようにスーツです。

3歳と0歳の子供を連れての参拝は何が起こるのかわかりませんので、正装の中でも動きやすさは大切かと思われます。

子供の着物ですが、比較的前撮りだけでのレンタルではコストが抑えられところもあります。

そして、親が代々受け継いできた着物は自分の七五三を振り返るのにいいきっかけになりますし、祖父母が喜んでくれます。

また、我が家の場合は3世代目の着物になるので、正直、綺麗とは言えませんが、多少汚れても安心というメリットもありなので着物にしました。

参考になれば幸いです。


スポンサードリンク